EUの渡航制限 日本など対象に段階的解除の方向で調整

EUの渡航制限 日本など対象に段階的解除の方向で調整
EU=ヨーロッパ連合が、現在行っているEU域外からの渡航制限について、来月1日から、日本を含む10数か国を対象に段階的に解除する方向で調整していることが分かりました。
新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、EU各国は、ことし3月以降、域外からの渡航を原則禁止する措置を取っていますが、EUは夏の観光シーズンが始まるのを前に、来月1日からこの措置を段階的に解除することを各国に提案しています。

こうした中、26日開かれた大使級の会合で、どの国からの渡航を認めるか暫定リストが示され、外交筋によりますと、このリストには、日本や中国、韓国など10数か国が含まれているということです。

ただEUは、渡航者の国の感染状況が落ち着いていることに加えて、その国も同様にEU加盟国からの渡航を認めることが重要な基準になるとしていて、加盟国の判断によっては、リストからいくつかの国が除外となる可能性もあるということです。

一方、新たな感染者が多いアメリカやロシアは、今のところリストに含まれていないということです。

EUは来週、このリストを公表する予定ですが、観光産業が盛んで域外から多くの観光客を呼び込みたい国と慎重な国との間で意見が分かれていて、EU内でギリギリの調整が続いています。