“性的暴行の妊娠中絶 加害者の同意不要” 医師に徹底を要望

“性的暴行の妊娠中絶 加害者の同意不要” 医師に徹底を要望
性的暴行を受けて妊娠し中絶手術を希望したものの、医療機関が必要のない加害者の同意を求めるケースが相次いでいるとして、弁護士で作る団体が日本医師会に適切な対応と実態調査を求める要望書を提出しました。
要望書を提出したのは、弁護士で作る「犯罪被害者支援弁護士フォーラム」です。

この団体は、性的暴行を受けて妊娠した場合、母体保護法で「本人の同意」があれば中絶手術を受けられると規定されているにもかかわらず、各地で医療機関が「加害者の同意」を求めるケースが相次いでいると指摘しています。

さらに、加害者の同意が得られないことを理由に、複数の病院をたらい回しにされたケースや、中絶可能なぎりぎりの時期まで手術を受けられなかったケースなどが確認されたということです。

このため、加害者の同意は必要ないことを医師に周知徹底することや、加害者の同意を求める病院の実態調査を行うことなどを求めています。

要望書を受け取った日本医師会の横倉義武会長は「要望をしっかり受け止め対応したい」と述べました。

要望書を提出した上谷さくら弁護士は「絶対あってはならない事態で、被害者の心身の負担は計り知れない。犯罪被害の場合は加害者の同意はいらないということを周知するべきだ」と話していました。