クレーン車が住宅に倒れ一時出火 1歳女児が軽傷 大阪 高槻

クレーン車が住宅に倒れ一時出火 1歳女児が軽傷 大阪 高槻
k10012485461_202006261832_202006261832.mp4
26日夕方、大阪 高槻市の建物の解体工事現場でくい抜き作業をしていたクレーン車が倒れ、隣接する住宅に直撃し、中にいた1歳の女の子が軽いけがをしました。警察はクレーン車が倒れた状況を詳しく調べています。
26日午後5時ごろ、大阪 高槻市南松原町の建物の解体工事現場で、鉄製のくいを抜く作業をしていたクレーン車が突然倒れました。

警察によりますと、クレーン車は前につんのめるように垂直に倒れ、伸ばしていたクレーンは道路をまたいで木造2階建ての住宅に直撃し、屋根を突き破って、1階部分まで到達したということです。

当時、家の中には1階に母親と1歳の女の子の親子がいて、女の子が腕に軽いけがをして病院に搬送されました。
母親は無事でした。

住宅からは一時火が出ましたが、事故からおよそ2時間がたった午後7時前に消し止められました。

警察はクレーン車がバランスを崩して倒れたとみて、業務上過失傷害の疑いで当時の状況などを詳しく調べることにしています。

現場は阪急京都線の高槻市駅から東におよそ500mの幹線道路沿いにあるビルや住宅が建ち並ぶ場所で、現場周辺では午後8時の時点でおよそ180戸が停電しているということです。

近所の住民は

現場の近くに住む男性は「いきなりドンという音がしてすぐに停電になった。最初は地震か何かかと思い見に来てみたらクレーンが家に突っ込んでいた。最初は煙が出ているだけだったが、そのうちに火が出てきた。風はあったがクレーンが倒れるような風ではなかった。近くでこんなことが起きて怖いです」と話していました。

現場の近くに住む女性は「バーンというものすごい音がして揺れました。クレーンのことはふだんから怖いと思っていたので、すぐにあのクレーンだと分かりました。つぶれた家は新築で、引っ越してきたばかりと聞いています。住んでいる人がどうなったのか心配です」と話していました。