高さ日本一 黒部ダムで「観光放水」始まる 富山 立山町

高さ日本一 黒部ダムで「観光放水」始まる 富山 立山町
ダムの高さ日本一を誇る富山県立山町の黒部ダムで26日から恒例の「観光放水」が始まりました。
ダムの高さが186メートルと日本一高い黒部ダムは、放水の様子を一般に公開する「観光放水」を昭和39年から毎年行っていて、大きな人気を集めています。

ことしも予定どおり26日から開始され、ダムを管理する関西電力によりますと午前5時すぎに放水を始め、1時間後の午前6時ごろに、放水量は目標の毎秒15トンに達したということです。

26日は、雨が降り続くあいにくの天気となりましたが、家族連れなどが訪れ、迫力ある放水を写真に収めていました。

新婚旅行で兵庫県から来たという30代の男性は「今まで外出自粛で外出できなかったのでこういう景色がみられてうれしいです」と話していました。

黒部ダムと長野側を結ぶ電気バスを運営する「関西電力黒四管理事務所」によりますと、例年は4月に営業を始めてから6月末まででおよそ30万人の利用者があるものの、ことしは今月25日までで例年のわずか1%ほどにとどまっているということです。

管理事務所では、新型コロナウイルスの感染対策をとっているので観光客には安心して来てほしいとしています。