フランス ルーブル美術館 来月再開へ コロナ対策で事前予約制

フランス ルーブル美術館 来月再開へ コロナ対策で事前予約制
名画「モナリザ」をはじめ、数々の芸術作品を展示するフランスのルーブル美術館が来月、およそ4か月ぶりに開館することになり、これを前に館内の感染防止策が報道陣に公開されました。
年間1000万人が訪れるパリのルーブル美術館は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、ことし3月から閉館していますが、来月6日からおよそ4か月ぶりに開館するのを前に館内での感染防止策を報道陣に公開しました。

見学は多くの人が集中するのを防ぐため、時間帯を指定して事前に予約することが必要で、11歳以上はマスクの着用が義務づけられます。

館内は見学者が混じり合わないよう、進む方向が決められていて、進行方向や入室禁止のサインがところどころに張ってあります。

特に、ふだんは多くの人で混雑する、レオナルド・ダビンチの名画「モナリザ」が展示されている部屋では、見学を待つ人の列を整えるためにロープで動線が作られ、一定の間隔をとるための印が床に貼られています。

ルーブル美術館のジャンリュック・マルティネス館長は「予約制にすることで、行列に並ぶことなく館内に入ることができます。安心して訪れてほしいです」と話していました。