藤井七段 王位戦でも挑戦者に 棋聖戦に続きタイトル挑戦へ

藤井七段 王位戦でも挑戦者に 棋聖戦に続きタイトル挑戦へ
k10012481311_202006232113_202006232115.mp4
将棋の藤井聡太七段が23日、八大タイトルの1つ、「王位戦」の挑戦者を決める対局に勝ち、現在挑戦中の「棋聖戦」に続いて、2つ目のタイトル挑戦を決めました。
藤井聡太七段(17)は23日、東京の将棋会館で八大タイトルの1つ、「王位戦」の挑戦者決定戦に臨み、叡王と王座のタイトルを持つ、永瀬拓矢二冠(27)と対局しました。

2人は今月4日、棋聖戦の挑戦者を決めるトーナメントの決勝で戦ったばかりで、この時は藤井七段が勝って、自身初となるタイトル挑戦を史上最年少で決めています。

午前10時に始まった23日の対局は、先手の藤井七段が、持ち時間が先に少なくなる中、永瀬二冠の攻めを的確に受けて、終盤には優勢な展開に持ち込み、午後7時52分、127手までで永瀬二冠を投了に追い込みました。

藤井七段は棋聖戦に続いて、1か月のうちに2つ目のタイトル挑戦を決め、棋聖戦と王位戦の2つのタイトル戦に並行して臨むことになります。

王位戦の七番勝負は来月1日から始まり、藤井七段は木村一基王位(47)に挑みます。

対局のあと藤井七段は「木村王位は力強い受けに特徴がある印象です。8時間の持ち時間の対局は指したことがないので、じっくり考えられるのが楽しみです。来月から始まるので、しっかり整えて、いい将棋を指したいです」と王位戦の七番勝負への意気込みを語っていました。

一方、敗れた永瀬二冠は「力負けという印象です。追いつけるようにまた勉強していきたいです」と話していました。

藤井七段「全力でぶつかりたい」

藤井聡太七段は対局のあとの会見で、挑戦者に決まるまでを振り返り、「王位戦のリーグでは苦しい対局も多かったですが、粘って指したことが結果につながったと思っています」と話しました。

また、王位戦の七番勝負で、30歳年上の木村一基王位に挑戦することについて、「木村王位は力強い受けに特徴があると思います。昨年の王位戦の対局も非常にすばらしい戦いでした。年齢に関係なく指せるのが将棋のいいところの1つだと思っているので、年は離れていますが、盤上では全力でぶつかっていきたい」と意気込みを語っていました。

そして、今後、棋聖戦と王位戦の2つのタイトル戦の対局が並行して進むことを受けて、「対局が続くことになりますが、どの対局にもいい状態で臨めるようにしたいです。睡眠はしっかり取るようにしたいと思います」と話していました。

最年少記録の更新なるか

藤井聡太七段(17)は来月1日から、木村一基王位(47)を相手に王位戦の七番勝負に挑みます。

木村王位は平成9年にプロ入りしたベテラン棋士で、去年、挑戦者として臨んだ王位戦で、46歳で悲願の初タイトルを獲得し、タイトル初獲得の最年長記録を46年ぶりに更新したことでも話題となりました。

今回の王位戦は、最年長で初タイトルを獲得した木村王位と、最年少でのタイトル挑戦を果たした藤井七段という、30歳の年齢差がある2人による対決となります。

また、藤井七段にとって今回の王位戦は、初めての経験が重なります。すでに挑戦が始まっている「棋聖戦」は、先に3勝を挙げたほうがタイトルを獲得する「五番勝負」ですが、王位戦は「七番勝負」で、4勝を挙げなければ、タイトルをつかむことはできません。

さらに、王位戦はそれぞれの対局が2日間にわたって行われ、これも藤井七段にとっては初めての経験です。

持ち時間は棋聖戦の2倍の「8時間ずつ」で、2日にわたる戦いの中でどのように時間配分を行うかといった戦略も勝負の鍵を握ります。

来月18歳を迎える藤井七段は、このあと並行して「棋聖戦」と「王位戦」に挑み、どちらか一方でもタイトルを獲得すれば、屋敷伸之九段(48)が平成2年に達成した、「タイトル獲得」の最年少記録「18歳6か月」を30年ぶりに更新することになります。