ビジネス

アップル 「Mac」心臓部を自社製に切り替えへ

アメリカの大手IT企業アップルは、パソコンの心臓部にあたるプロセッサーを、自社の製品に切り替えることや、スマートフォンの「iPhone」にアプリを整理しやすくするなどの新しい機能を導入することを明らかにしました。
アップルは、毎年、開発者向けのイベントをカリフォルニア州で開いてきましたが、ことしは新型コロナウイルスの影響で、初めてオンラインで開催しています。

このなかでアップルは、パソコンの「Mac」について、心臓部にあたるプロセッサーをこれまでのインテル製から2年ほどかけて自社で開発したものに切り替えると発表しました。

アメリカのメディアは、これによってアップルは、インテルの技術開発を待つことなく自社のペースで製品を開発できると伝えています。

イベントではこのほか、「iPhone」の画面でアプリを整理しやすくする機能や、腕時計型の「アップルウォッチ」で手洗いの時間を計測できる機能を順次、導入することを明らかにしました。

アップルの経営トップ、ティム・クックCEOは「われわれがイノベーションの手を緩めることはない」と述べています。

特集

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。