地方企業の経営支援する新会社に大手地銀グループ参加へ

地方企業の経営支援する新会社に大手地銀グループ参加へ
ネット金融大手のSBIホールディングスと政府系の金融機関や大手銀行などが共同で地方の企業を支援する新しい会社に、横浜銀行を傘下にもつ大手地銀グループが加わることになりました。首都圏を中心とした営業網を生かして、新型コロナウイルスの影響で厳しい状況にある地方企業の販路拡大などを後押しします。
この新会社は、SBIホールディングスと政府系金融機関の日本政策投資銀行、大手銀行の新生銀行、それに地方銀行の山口フィナンシャルグループが地方企業の経営を支援するために設立を目指しています。

この新会社の設立に、横浜銀行と東日本銀行を傘下に持つコンコルディア・フィナンシャルグループが新たに加わることになりました。

今後、できるだけ早い時期に出資比率などを固めたいとしています。

コンコルディア・フィナンシャルグループは、全国の地方銀行グループの中で総資産がトップクラスで、神奈川や東京に幅広い営業網をもっています。

新会社は、こうした首都圏の営業網も生かしながら、新型コロナウイルスの影響で業績が落ち込み立て直しを模索している地方の企業に販路拡大などをアドバイスし、みずからの取り引きにもつなげるねらいです。