「部分日食」 各地で観測 国内ではおよそ半年ぶり

「部分日食」 各地で観測 国内ではおよそ半年ぶり
k10012478981_202006211908_202006211909.mp4
太陽の一部が欠けたように見える「部分日食」が、国内ではおよそ半年ぶりに各地で観測されました。
「部分日食」は太陽と月と地球が一直線上に並び、地球から見て、太陽の一部が月に隠れる現象です。

国内では去年12月以来、およそ半年ぶりで、今回は、午後4時ごろに欠けはじめ、午後6時半ころまでに終わりました。

21日は、雲が広がった関東や九州地方の一部などを除いて、晴れたところが多く、各地で観測することができました。

太陽が最も隠れた割合は那覇市で79%、東京都で35%、札幌市で17%などとなりました。

また、インドや中国などでは太陽が指輪のような形に見える「金環日食」になりました。

次に日本で日食が見られるのは3年後の2023年4月で、この時は九州南部など一部の地域だけで部分日食になる見通しです。