アワビ・ナマコで「漁獲証明」導入へ 密漁水産物の流通防止で

アワビ・ナマコで「漁獲証明」導入へ 密漁水産物の流通防止で
密漁された水産物が流通するのを防ぐため、水揚げした港などを示した漁獲証明を義務づける制度が導入されることになりました。まずはアワビやナマコが対象になる見通しです。
新たな制度では、漁業協同組合などが水産物を確認したうえで漁業者に対して水揚げした港や漁獲した日などを証明する「漁獲証明」を発行します。

そして、漁業者や流通業者などに対して、水産物を販売したり輸出したりする際に漁獲証明を表示することなどを義務づけます。

農林水産省はこの仕組みによって、密漁された水産物が市場に流通することを防ぎ、水産資源の保護にもつながるとしています。

まずは、高額で取り引きされ密漁も多いアワビやナマコが対象となる見通しで、農林水産省は漁獲証明の導入に向け、必要な法案づくりを進めることにしています。