埼玉 死者13人増加 国の基準で見直し 新型コロナウイルス

埼玉 死者13人増加 国の基準で見直し 新型コロナウイルス
埼玉県は、新型コロナウイルスに感染して死亡した人の計上方法を、国の示した基準を基に見直した結果、死亡した感染者は52人から13人増え、65人になったと発表しました。
県によりますと、18日、厚生労働省から各都道府県に対し、新型コロナウイルスへの感染が分かり、その後死亡した人について、死因を問わず新型コロナウイルスで死亡した感染者としてすべて公表するよう連絡があったということです。

埼玉県はこれまで、死因が新型コロナウイルスによる肺炎と判定された場合のみ計上してきましたが、国の示した基準を基に改めて数え直したところ13人増えたということです。

これで埼玉県内で死亡した感染者はこれまでの52人から65人になりました。

県は「新型コロナウイルスの致死率を明らかにするために、がんなど別の病気が死因となっていた人は計上していなかった」と話しています。