沖縄 国内の渡航自粛要請を全面解除 空港に相談センター新設

沖縄 国内の渡航自粛要請を全面解除 空港に相談センター新設
沖縄県は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために出していた、国内の渡航の自粛要請を19日全面的に解除しました。これに伴い県は、水際対策を強化するため、那覇空港に看護師らが常駐する相談センターを新たに設けました。
沖縄県は19日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために出していた東京や北海道、それに福岡などへの渡航の自粛要請を解除しました。これで国内の渡航の自粛要請は全面的に解除されました。

これに伴い県は水際対策を強化するため、那覇空港に旅行者専用の相談センターを新たに設けました。

センターには看護師や事務スタッフの合わせて3人が常駐し、熱がある人がいた場合に対応にあたるほか、感染者が確認された場合は旅行代理店などに情報提供を行います。

開所式に出席した玉城知事は「相談センターを拠点として県民や観光事業者が安心できる環境の構築につとめていきたい」と話していました。