ビジネス

禁煙治療用のスマホアプリ 医療機器として国内初承認の見通し

禁煙治療のために開発されたスマートフォンのアプリが、医療機器として承認される見通しになりました。承認されれば国内で初めてだということです。
これは、東京のベンチャー企業が慶應義塾大学と共同で開発を進めてきた禁煙治療用のアプリで、19日開かれた厚生労働省の部会で医療機器として承認することが了承されました。

アプリは、禁煙外来を受診している患者が診療と診療の間の空白期間に緊張が緩み、禁煙を断念してしまうことを防ぐのが目的です。

患者は、喫煙状況の把握に有効な呼気に含まれる一酸化炭素の濃度を専用の機器で測定して管理できるほか、一人一人の患者に合った治療のガイダンスを受けられるということです。

会社が進めてきた治験の結果、アプリを使った場合、使っていない場合と比べて禁煙の継続率が上がったことなどが評価されたとしています。

会社によりますと、今後、最終的な承認手続きを終えれば、治療用のアプリとしては国内で初めてになるということです。

アプリを開発したCureAppの佐竹晃太社長は、19日記者会見し、「ソフトウエアという目に見えないものでも病気を治療するという価値が認められ感慨深い。アプリで医療の効率化や医療費の削減につなげたい」と話していました。

会社は承認を受けたあと、医療保険の適用を申請する予定で、年内の実用化を目指すとしています。

特集

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。