「チコちゃん」の田んぼアート でも訪れるのは控えめに 栃木

「チコちゃん」の田んぼアート でも訪れるのは控えめに 栃木
k10012474041_202006171829_202006171831.mp4
NHKの番組「チコちゃんに叱られる!」の「チコちゃん」をモチーフにした田んぼアートが、栃木県那須塩原市にお目見えしました。
田んぼアートは那須塩原市で農業を営む中野登喜男さんが、農業に関心を持ってもらおうと毎年テーマを変えて制作しています。

ことしは白や黄色など11色の稲を使って、水田に身長38メートルの巨大な「チコちゃん」、それに“江戸川の黒い鳥”こと「キョエちゃん」を描きました。

中野さんは緊急事態宣言が出ていた5月上旬に「チコちゃんに叱られないよう外出自粛を頑張ってほしい」という思いで制作を始めたということです。

田んぼの脇には高さおよそ6メートルの鑑賞用の台も設置され、生き生きと描かれた「チコちゃん」を一望することができます。

中野さんは「多くの人に見てもらいたい気持ちもありますが、3つの密を守らないとチコちゃんに叱られてしまうので、訪れるのは控えめにしてほしい」と複雑な思いを話していました。