太陽系の天体に見える“跡”

太陽系の天体に見える“跡”
月や惑星などにみえる円形のくぼみは、隕石(いんせき)などの衝突によって生じた地形、クレーターです。難関中学校の入試でクレーターに関する問題が出されました。一緒に解いていきましょう。

難関中学の入試問題に挑戦!

問題
「クレーターに関連して述べた文として最も適当なものを、次のア~エから選び、記号で答えなさい。」
ア.月では、古い時代に作られた表面ほど、クレーターの数が少ない。
イ.地球を宇宙から見ると、月に見られるよりも多くのクレーターがある。
ウ.地球では、形成されたクレーターが消えてなくなってしまうことはない。
エ.人類は地球以外の天体にものをぶつけて人工クレーターを作ったことがある。
少し難しい問題なので、選択肢を一つずつ見ていきましょう。

「ア.月では、古い時代に作られた表面ほど、クレーターの数が少ない。」
これは間違いになります。
天体の衝突は太陽系の時間スケールでみれば、常に起こっているそうです。長い時間宇宙空間にさらされているほうが、たくさんの天体衝突の跡(クレーター)が残ることになります。

「イ.地球を宇宙から見ると、月に見られるよりも多くのクレーターがある。」
宇宙から撮った、月の写真と地球の写真を見比べてみれば一目瞭然、地球のほうがクレーターが少ないですね。
これも間違いになります。

「ウ.地球では、形成されたクレーターが消えてなくなってしまうことはない。」
雨風や海水などによる風化で地形がどんどん変わってしまうのに加え、大陸が移動し、最後は地下に潜ってしまうので、古い時代の表面がほとんど残っていません。地球では最近にできたクレーターを除くと、クレーターは消えてしまっています。
なのでこれも間違いです。
ということで、正解は、
「エ.人類は地球以外の天体にものをぶつけて人工クレーターを作ったことがある。」
となります。
それをなしとげたのは、日本の小惑星探査機の「はやぶさ2」。小惑星に人工クレーターを作ったことは、世界初の快挙でした。去年4月のニュースでも話題になりましたよね。
ちなみに6月13日は初代「はやぶさ」の帰還からちょうど10年。JAXAの研究施設がある相模原市などでは「はやぶさの日」としています。

“はやぶさ2”人工クレーターの成果

「はやぶさ2」が目指したのは、地球と火星の間にある小惑星リュウグウ。リュウグウの地下にある物質を採取するために、人工クレーターを作りました。現在は、リュウグウのサンプルを持ち帰るために、地球に帰還している途中です。では、なぜリュウグウの地下の物質でなくてはならなかったのか。JAXA「はやぶさ2」プロジェクトミッションマネージャの吉川真さんに話を聞きました。
吉川さん
「表面は太陽の光とかで放射線があたっているので、かなり物質が変質していると考えられています。単純には日焼けしていると思ってください。地下のものは日焼けしていない可能性があるので、変質していない、よりオリジナルに近い物質がとれたと思っています。表面と地下の物質を比較することによって、いろいろ調べられるかなと思います。われわれが目指しているのは、リュウグウにある有機物です。生命は有機物でできているわけですけど、例えばたんぱく質とか脂肪とか、もともとは炭素が基本になっています。その炭素を含んだ物質を探そうということです」
少なくとも、炭素がないと地球型の生命は生まれないそうです。

“リュウグウ”が持つ“生命のもと”

吉川さんたちは、「はやぶさ2」を使って、小惑星リュウグウに地球の生命のもとになった物質はないか探しました。ではなぜ、小惑星リュウグウでなければならなかったのでしょうか。
吉川さん
「生命になる物質は太陽系が生まれた46億年前にあったはずです。ところが地球みたいな惑星は大昔にあった物質が残っていない。ですがリュウグウみたいな小惑星は生まれてからあまり変化していないだろうと言われているので、生命のもとになった物質がそこにあるかもしれない。それを探そうということです」
生命のもとになった物質…、それはリュウグウにあるのでしょうか。
吉川さん
「リュウグウは、地上からの観測でどうも炭素を含んだ物質がありそうだということがわかっていて、実際にリュウグウというのは、非常に色が黒い。これは、おそらく炭素によるんじゃないかなということで有機物があることを期待しています」

“はやぶさ2”への期待

地球へ帰還途中の「はやぶさ2」。順調にいけば、年末に戻ってくるといいます。
吉川さん
「まずはきちんとカプセルを地球に戻すということなんですが、やはりそのカプセルの中にどんな物質が入っているのか、非常に注目しています。さらにいま、小惑星は100万個近く見つかっています。ですから、まだまだいろいろな可能性があるので、そういった将来のミッションにつながるような情報も得られるとうれしいなと思っています」
「週刊まるわかりニュース」(土曜日午前9時放送)の「ミガケ、好奇心!」では、毎週、入学試験で出された時事問題などを題材にニュースを掘り下げます。
「なぜ?」、実は知りたい「そもそも」を、鎌倉キャスターと考えていきましょう!