第163回 芥川賞 直木賞 候補作決まる

第163回 芥川賞 直木賞 候補作決まる
第163回芥川賞と直木賞の候補作が発表されました。それぞれ5人の作品が選ばれ、芥川賞は4人が初めて候補になったほか、直木賞は馳星周さんが7回目の候補となりました。

芥川賞

芥川賞の候補作に選ばれたのは、
▽石原燃さんの「赤い砂を蹴る」、
▽岡本学さんの「アウア・エイジ(Our Age)」、
▽高山羽根子さんの「首里の馬」、
▽遠野遥さんの「破局」、
▽三木三奈さんの「アキちゃん」、の5作品です。

高山さんは3回目の候補で、ほかの4人は今回初めて候補に選ばれました。

直木賞

直木賞の候補作には、
▽伊吹有喜さんの「雲を紡ぐ」、
▽今村翔吾さんの「じんかん」、
▽澤田瞳子さんの「能楽ものがたり 稚児桜」、
▽遠田潤子さんの「銀花の蔵」、
▽馳星周さんの「少年と犬」、の5つの作品が選ばれました。

平成8年のデビュー作「不夜城」で初めて直木賞の候補となった馳さんは、その後も「夜光虫」や「アンタッチャブル」などで候補に選ばれ、今回7回目の候補です。

澤田さんは4回目、伊吹さんは3回目、今村さんは2回目、遠田さんは今回初めての候補となりました。

芥川賞と直木賞の選考会は来月15日に行われます。