ホンダ 工場で配電盤が爆発 従業員2人が大けが 三重 鈴鹿

ホンダ 工場で配電盤が爆発 従業員2人が大けが 三重 鈴鹿
14日午前、三重県鈴鹿市にある大手自動車メーカー、「ホンダ」の工場で配電盤が爆発し、男性従業員2人が上半身などをやけどする大けがをしました。警察と消防が爆発の原因を詳しく調べています。
14日午前9時すぎ、鈴鹿市平田町にある本田技研工業鈴鹿製作所の警備員から「作業中の男性2人がやけどした」という通報が消防にありました。

警察などによりますと、当時、工場内で従業員2人が配電盤を操作していたところ突然、爆発音がしたということで、2人のうち21歳の会社員が上半身を、27歳の派遣社員が顔を、それぞれやけどする大けがをしたということです。

警察によりますと、配電盤は溶鉱炉のもので、今月5日から停止していたということですが、15日以降、溶鉱炉を動かすため配電盤に電気が通るかどうかを確認する作業の途中に爆発が起きたということです。

警察と消防が爆発の原因を詳しく調べています。

爆発事故があった鈴鹿製作所は

ホンダのホームページによりますと、鈴鹿製作所は、昭和35年にホンダの国内3番目の工場として設立されたということです。

工場では軽自動車や、ハイブリッドカーなどの生産が行われているほか、ホンダの海外工場に向けて部品の供給を行うなど海外工場の支援を行う役割も担っているということです。