古墳の埴輪持ち出し…たけのこ掘りの小中学生らと判明 奈良

古墳の埴輪持ち出し…たけのこ掘りの小中学生らと判明 奈良
奈良県河合町にある古墳でことし4月に持ち出された埴輪は、地元の小中学生たちが一時自宅に持ち帰っていたことが分かりました。保護者の1人は「貴重なものとは思わなかった」と話しているということです。
河合町にある国の史跡大塚山古墳でことし4月、埴輪2体が持ち出され、その後、1体がバラバラの状態で、もう1体が接着剤でつなぎ合わされた状態で戻されているのが見つかりました。

町は国や県などに報告し、警察も文化財保護法違反の疑いで捜査していました。

町の教育委員会によりますと、今月になって近くに住む女性が「子どもが関わった」と名乗り出たということで、調査の結果、地元の小中学生たちがたけのこを掘るため古墳を訪れ、壊れたりひびが入ったりしていた埴輪2体を見つけ、一時自宅に持ち帰り、1体を組み立てたうえで現場に戻していたことが分かったということです。

女性は「貴重なものとは思わなかった。騒ぎになり驚いたし、非常に反省している」と話しているということです。

町の教育委員会は今後、地元の小学校などで文化財教育を進めるなどして再発防止を図りたいとしています。