「サンリオ」創業以来初の社長交代へ 92歳から31歳に若返り

「サンリオ」創業以来初の社長交代へ 92歳から31歳に若返り
「ハローキティ」などのキャラクター商品を手がける「サンリオ」は、創業者で92歳の辻信太郎社長が代表権のある会長に就き、後任の社長に31歳の孫で専務の辻朋邦氏を昇格させる人事を決めました。
この人事は、サンリオが12日に発表したもので、7月1日付けで行われます。

信太郎氏は出身地、山梨県の職員を経て、1960年に前身となるギフト商品の企画販売会社を創業して以来、60年にわたって社長をつとめてきました。

この間、数々のキャラクター商品を手がけ、中でも猫をモチーフにした「ハローキティ」は、海外でも高い人気を獲得するなど、キャラクタービジネスを日本に浸透させました。

サンリオの社長交代は創業以来初めてで、信太郎氏は社長を退いたあとも、代表権のある会長として経営にあたるということです。

社長に就任する辻朋邦専務は、記者会見で「社長就任の話は、以前から家族の間ではあったが、このタイミングになったのは新型コロナウイルスの影響も大きいと思う。さまざまな変革が求められる中で、若い感性が必要だという思いもあったのではないか」と述べました。

そのうえで「強力なキャラクターを持ちながらも、企業として成長が止まっているのも事実だと認識している。現状を打破するためにも間違っているものは捨てる覚悟を持ち変革していきたい」と抱負を語りました。

「カワイイ」日本のポップカルチャーの象徴に

60年にわたってサンリオの社長をつとめてきた辻信太郎氏は、長年、日本のキャラクタービジネスをけん引してきました。

出身地である山梨県の職員を経て、1960年にギフトの企画販売会社を設立しました。

その後、1973年に社名を現在の「サンリオ」に改め、戦争体験を通じて平和の尊さを実感したことから、子どもたちに愛されるデザインのキャラクター商品を次々と開発しました。

そして当時としては珍しく、キャラクターを使用する際の商品化権に着目したビジネスを展開しました。

1974年には猫をモチーフにしたキャラクター「ハローキティ」が誕生。「キティちゃん」の愛称で、幅広い世代から人気を集め、アメリカの歌手、レディー・ガガさんも愛用するなど、海外でも高い知名度を誇っています。

サンリオは1976年にアメリカに子会社を設立したあと、いち早く海外での商品の販売に乗り出し「カワイイ」キャラクターを武器に、現在はおよそ130の国や地域で年間およそ5万点の事業を展開し、日本のポップカルチャーの象徴ともなっています。

「サンリオピューロランド」再開は

2月下旬から休館が続いている東京 多摩市にあるテーマパーク「サンリオピューロランド」の営業再開について、親会社のサンリオの江森進専務は「完全な密閉施設なので、万全の対策を講じたうえで、できるだけ早く再開したい」と述べ、感染防止対策などの準備を進めたうえで、今月中に再開の時期を明らかにしたいという考えを示しました。