「スナネコ」の赤ちゃん 13日から一般公開 栃木 那須町

「スナネコ」の赤ちゃん 13日から一般公開 栃木 那須町
k10012468051_202006121424_202006121427.mp4
ことし4月、国内の動物園で初めて誕生したアフリカの砂漠地帯などに生息する「スナネコ」の赤ちゃんが、13日から栃木県那須町の動物園で一般に公開されることになりました。
那須町の「那須どうぶつ王国」では、去年10月から、日本の動物園では初めてアフリカの砂漠地帯などに生息する世界最小クラスのネコ「スナネコ」の飼育を始め、ことし4月、メスの赤ちゃんが生まれました。

赤ちゃんは生まれた直後は衰弱していましたが、人工保育で世話を続けた結果、生まれた時のおよそ9倍の530グラムに育ったということです。

動物園が赤ちゃんの映像を公式チャンネルで公開したところ、これまでに17万回再生されるなど、愛くるしい姿は早くも人気を集めています。

動物園では13日から一般に公開することを決め、赤ちゃんは新しい環境に慣れるため、10日から展示スペースで過ごしています。

飼育担当の櫻井大城さんは「スタッフ一同、赤ちゃんを大切に育ててきたので、元気に育ちうれしく思います。多くの人に赤ちゃんならではのかわいさを見てもらいたい」と話していました。

動物園ではスナネコの赤ちゃんの名前を13日からホームページなどで広く募集するということです。