上野動物園のシャンシャン 日本で最後の誕生日 年内中国返還へ

東京 上野動物園のジャイアントパンダ、シャンシャンが12日、3歳の誕生日を迎えました。シャンシャンは年内に中国に返還される予定で、日本で迎える最後の誕生日となります。
上野動物園で生まれたメスのジャイアントパンダ、シャンシャンは12日、3歳の誕生日を迎えました。動物園によりますと、体重は80キロを超え、順調に成長しているということです。

シャンシャンは年内に中国に返還される予定で、日本で迎える最後の誕生日となります。

動物園は新型コロナウイルスの影響で臨時休園が続いているため、多くの人にシャンシャンを見てもらおうと、最近の様子を伝える新たな動画を12日からホームページで公開しました。

このうち、今月8日に撮影された動画では、シャンシャンがりんごやにんじんなどでつくられた誕生日ケーキを食べる元気な様子を見ることができます。

動物園の担当者は「シャンシャンは臨時休園中もよく食べ、よく運動して、とても元気に過ごしている。引き続き、成長を温かく見守ってほしい」と話しています。

動物園は今月23日から入園者を1日4000人に制限して再開し、その後、状況を見て人数を増やすことにしていて、今月16日からインターネットと電話で予約を受け付けるということです。