東京入管に爆破予告のメール 12日の窓口業務が中止に

東京入管に爆破予告のメール 12日の窓口業務が中止に
東京出入国在留管理局=東京入管に12日施設を爆破するというメールが届き、12日の窓口業務が中止されることになりました。
東京入管によりますと、10日、「6月12日の午後3時半に施設内で爆発を起こす。失敗した場合は、職員に刃物で危害を加える」という趣旨のメールが届いたということです。

東京入管は警視庁に相談するとともに、メールに記された日付の12日、1日すべての窓口業務を中止することを決めました。

警視庁によりますと、このメールには渋谷警察署も爆破すると記されていたということです。

渋谷警察署では今のところ業務の中止などは予定していませんが、今後の対応について検討するとしています。

警視庁は、警戒にあたるとともに威力業務妨害の疑いがあるとみて調べています。