作曲家 服部克久さん死去 テレビ番組や映画などのテーマ曲多数

作曲家 服部克久さん死去 テレビ番組や映画などのテーマ曲多数
k10012467241_202006111935_202006111957.mp4
テレビ番組や映画などのテーマ曲を数多く手がけ、谷村新司さんの「昴」などポップスのアレンジでも活躍した、作曲家・編曲家の服部克久さんが11日、末期腎不全のため、東京都内の病院で亡くなりました。83歳でした。
服部克久さんは、日本の歌謡界を代表する作曲家、服部良一さんの長男として昭和11年に東京で生まれて音楽に囲まれた幼少期を過ごし、高校を卒業後、フランスのパリ国立高等音楽院に留学しました。

帰国後は、草創期のテレビ業界や映画など幅広い分野で作曲活動を行い、人気アニメ「トム・ソーヤーの冒険」や民放の音楽番組「ザ・ベストテン」のテーマ曲、NHKの連続テレビ小説「わかば」の主題歌など、数多くの音楽を手がけました。

また、テレビ番組「新世界紀行」のテーマ曲にもなった「自由の大地」などのオリジナル曲を集め、オーケストラによる演奏にこだわったアルバム「音楽畑」シリーズをこれまでに20作以上を発表し、コンサートも国内外で精力的に開催してきました。

編曲家としては、さだまさしさんや山下達郎さん、竹内まりやさんなど、人気アーティストの楽曲の弦楽アレンジを数多く手がけ、谷村新司さんの代表曲「昴」では、ホルンを使った雄大なイントロで名曲を彩りました。

日本作編曲家協会の会長や東京音楽大学の特別招聘教授も務め、後進の育成など音楽界の発展に貢献したほか、平成17年から宮崎県都城市の総合文化ホールの初代館長も務めました。

息子の服部隆之さんもNHKの大河ドラマ「真田丸」の音楽などを手がける作曲家で、音楽家一族として知られています。

事務所によりますと、服部さんは去年10月から腎不全の治療を続けていたということで、11日午前、末期腎不全のため、東京都内の病院で亡くなったということです。

さだまさしさん「兄貴を失ったよう」

服部克久さんが亡くなったことについて、「愛について」など数々の楽曲を服部さんとともに作ってきた、歌手のさだまさしさんは、NHKの取材に対し「偉大な音楽家でありながら、明るく楽しい人で私にとって大恩人であり、兄貴を失ったような思いです。『音楽は美しくないといけない』という服部さんのことばに背中を押していただきました。思い出は語り尽くせず、本当に惜しいです」と話していました。