老舗「八ッ橋」“創業年に根拠なし”裁判 訴え退ける 京都地裁

老舗「八ッ橋」“創業年に根拠なし”裁判 訴え退ける 京都地裁
k10012465681_202006101747_202006101750.mp4
京都の銘菓「八ッ橋」の老舗の製造会社が、創業した年を300年以上前と商品などに表示しているライバルの老舗会社に対し、根拠がないと主張して表示の差し止めなどを求めた裁判で、京都地方裁判所は「消費者の誤解を招くとは言えず誤りだという証拠もない」として訴えを退けました。
京都市右京区に本社を持つ「井筒八ッ橋本舗」は、同じ老舗のライバル会社で京都市左京区に本社がある「聖護院八ッ橋総本店」が、創業年を元禄2年、1689年として商品などに表示しているのは根拠がなく、消費者を誤解させるなどと主張して、表示の差し止めと600万円の賠償を求めていました。
10日の判決で京都地方裁判所の久留島群一裁判長は「京都では『生八つ橋』など歴史が新しい菓子もよく売れており、歴史の古さは必ずしも消費行動を左右するとは言えない。問題とされた表示も江戸時代に創業したようであるとの認識をもたらす程度のものにすぎず、消費者の誤解を招くとはいえない」と指摘しました。

そのうえで、創業した時期についても「すべてにわたり誤りであるという確実な証拠はない。誤った説明で八ッ橋全体の信用性を失わせるとまで認めることはできない」と述べ、訴えを退けました。

原告 井筒八ッ橋「創立の年月日は信頼の根拠」控訴検討

判決後の記者会見で原告の「井筒八ッ橋」の津田佐兵衛オーナー(96)は「創立の年月日は世界的にも店にとって重要な信頼の根拠。八ッ橋の由来の根本を今後も守っていきたい」と話していました。

原告代理人を務める折田泰宏弁護士は「京都では、お菓子に限らず日本中の老舗が歴史伝統についてどのような広告を出しているかが消費者の選択に影響を与える。法律の解釈や評価について高裁で争っていきたい」と話し、控訴を検討する考えを示しました。

聖護院八ッ橋総本店「適切な判断の結果」

判決を受けて「聖護院八ッ橋総本店」の鈴鹿且久社長は「裁判所に当社の主張を受け入れていただき、適切に判断された結果だと受け止めています。今後もこれまでどおり、京都の発展とお客様に安心して商品を購入していただくために、全社一丸となって一層の努力を重ねていきます」というコメントを出しました。

創業の古さ 重視されるかどうかが論点

「聖護院八ッ橋総本店」のホームページによりますと、創業は江戸時代の元禄2年、1689年となっていて、江戸時代初期に活躍した琴の天才、八橋検校をしのんで、琴に似せた焼き菓子を「八ッ橋」と名付けて販売したのが始まりだとしています。
一方、訴えを起こした「井筒八ッ橋本舗」は、江戸時代の文化2年、西暦1805年に創業し、「聖護院八ッ橋」と同じく、八橋検校をしのんで八ッ橋を売り出したとしています。

裁判で「井筒八ッ橋」は、「聖護院八ッ橋」が創業としている1689年に八ッ橋が存在していたことを示す文献はなく、320年以上にわたり販売し続けているとする表示には根拠がないとしたうえで、創業の歴史の古さは特に京都においては重みのある事実で、消費者を誤解させたことで営業上の利益を害されたと主張していました。
また、八ッ橋という菓子が客観的に初めて確認できるのは明治6年の京都府の資料で、この時点で相当量の出荷があることから、幕末ごろには出回っていたと推測されるとしています。
これに対し「聖護院八ッ橋」は、江戸時代には現在のように開業を届け出る制度がなかったため創業について正確には明らかではないが、そもそも消費者は創業年の古さにほとんど関心を払っておらず、歴史の古い菓子の由来については「伝承」と受け取るのが普通なので、購入の判断にはあまり影響しないと主張していました。
そのうえで、一般的に老舗の創業や歴史を持つ商品の由来について、客観的な根拠まで必要とするのは萎縮的な効果を生じさせ、妥当ではないなどとして訴えを退けるよう求めていました。

八ッ橋 はっきりした発祥は不明

「八ッ橋」は米粉と砂糖に「にっき」で風味を加えた京都を代表する焼き菓子です。
一般には「焼き八ッ橋」として知られ、生地を焼かずにあずきなどのあんを包んだ「生八ッ橋」よりも古い歴史があります。
「京都八ッ橋商工業協同組合」によりますと、「八ッ橋」の製造販売会社は京都市内に14社あるということです。
はっきりした発祥は分からず、八橋検校をしのんで琴の形をした焼き菓子が作られたのが始まりだという説や、三河国、今の愛知県で川で亡くなった子どもの供養に8つの橋をかけたことを広めるために作られたという説など、製造会社によって由来が分かれています。