萩生田文科相 対応遅さ原因 丁寧な説明必要 内閣支持率下落で

萩生田文科相 対応遅さ原因 丁寧な説明必要 内閣支持率下落で
萩生田文部科学大臣は、各種の世論調査で、内閣支持率が下落していることについて、新型コロナウイルスへのさまざまな対応の遅さが原因だとして、その理由などを丁寧に説明する必要があるという考えを示しました。
萩生田文部科学大臣は8日夜、都内で講演し、内閣支持率の下落について、「ここまで国民の不安や不満が高まるのは政府の対応が遅くなっているという点だと思う。いつまでにやると言ったことが結果的にできない。できない理由が国民に分かりづらい。したがって不満が出るという繰り返しが、今の支持率を生んでおり、国民の不安を取り除くことができていない」と述べました。

そのうえで、「想定していたことと違うことが起きたとすれば、国民に『なるほどな』と分かってもらえるような説明を丁寧にしていくことが必要で、それを心がけていきたい」と述べました。

一方で、萩生田大臣は、新型コロナウイルスへの政府の対応について、「道半ばだが、世界的には、人口100万人当たりの死者数などから、封じ込めは非常にうまくできていると評価をいただいている」と述べました。