秋葉原通り魔事件から12年 現場の献花場所はことしが最後に

秋葉原通り魔事件から12年 現場の献花場所はことしが最後に
東京 秋葉原で7人が死亡、10人が重軽傷を負った通り魔事件から8日で12年です。現場では花を手向ける人がみられましたが、近くの寺の僧侶が毎年行ってきた献花の場所の設置はことしで最後となります。
平成20年6月8日、大勢の人たちでにぎわう東京 秋葉原の歩行者天国にトラックが突っ込み、通行人がはねられたうえ、次々にナイフで刺され、7人が死亡、10人が重軽傷を負いました。当時25歳で事件を起こし、殺人などの罪に問われた加藤智大死刑囚(37)の死刑が確定しています。

事件から12年となる8日、現場の交差点では花を手向けたり手を合わせたりする人たちがみられました。静岡県から訪れた27歳の男性は「当時を知らない人たちも増えてきていますが、悲惨な事件をこの日だけでもいいから思い出してほしいという思いで祈りをささげました」と話していました。

献花のための場所は近くの寺の僧侶、田邊泰慧さんが毎年設けてきたものですが、訪れる人は年々少なくなり十三回忌も終えることから設置はことしで最後になるということです。

田邊さんは「世の中が不安定になっている中、また、このような悲惨な事件が起きないかとても危惧している。ここで起きたことを決して忘れないでほしい」と話していました。