改正著作権法が成立 “海賊版サイト”の対策強化

改正著作権法が成立 “海賊版サイト”の対策強化
インターネット上の「海賊版サイト」の対策を強化するため、違法なダウンロードの対象範囲をすべての著作物に拡大する一方、数十ページの漫画の数コマといった「軽微なもの」などは対象外とする改正著作権法が、参議院本会議で可決・成立しました。
インターネット上の「海賊版サイト」の対策を強化するための著作権法の改正案は、5日の参議院本会議で採決が行われ、全会一致で可決・成立しました。

改正法では、違法なダウンロードの対象範囲を音楽や映像だけでなく、漫画や書籍、論文など、すべての著作物に拡大する一方、利用者の萎縮を避けるため、規制対象の除外を設けています。

具体的には、違法にアップロードされたことを知りながら、ダウンロードする場合のみを規制の対象としたうえで、画像を保存する「スクリーンショット」で違法な画像が写り込んだ場合や、数十ページの漫画の数コマといった「軽微なもの」、それに、権利者の利益を不当に害しない「特別な事情がある場合」などは対象外とするとしています。

また、改正法には「海賊版サイト」に利用者を誘導する「リーチサイト」を規制する内容も盛り込まれています。