来館者の体温チェック 「バーチャル警備員」の実証実験

来館者の体温チェック 「バーチャル警備員」の実証実験
k10012453261_202006011240_202006011242.mp4
新型コロナウイルスの感染拡大に備えようと、AI=人工知能を搭載した「バーチャル警備員」が、オフィスビルなどの来館者の体温をチェックする実証実験が都内で始まりました。人との接触を減らすことで、来館者や警備員の感染リスクを下げる効果が期待されています。
この実証実験は、東京 渋谷区にある大手警備会社「セコム」の本社ビルで始まり、AIを搭載した「バーチャル警備員」が、体温を自動で測定するカメラで来館者に発熱がないか確認します。
人と等身大のディスプレーに表示された警備員の姿をした3Dのキャラクターが来館者とやり取りを行い、測定した体温が37.5度以上の場合、再度測定するように案内します。

新たな通信規格の5Gを使うことで、高精細な映像が警備員が常駐する別の部屋に送られ監視することができます。

オフィスビルでは不審者の侵入を阻止するため、ゲートなどを設置し、その開閉業務を担わせることも検討しているということです。

このシステムは、警備員の人手不足を解消しようと開発されましたが、来館者や常駐する警備員の感染リスクを下げる効果も期待されています。

セコム企画部の長谷川精也担当部長は「バーチャル警備員の活用で、人間を介さなくても体温の測定ができたり簡単なやり取りが可能になるので、感染拡大の防止に貢献できると思う」と話していました。