パラリンピック競技団体 練習再開に向けガイドライン策定へ

パラリンピック競技団体 練習再開に向けガイドライン策定へ
政府が緊急事態宣言を解除したことを受けてすべてのパラリンピック競技団体が選手たちが安全に練習を再開できるよう独自のガイドラインを作ることになりました。障害の種類や程度によっては新型コロナウイルスに感染すると重症化するおそれのある選手もいることから障害や競技の特性を踏まえ具体的な対策を盛り込む方針です。
緊急事態宣言の解除を受けて、JPC=日本パラリンピック委員会は、夏冬合わせて34あるパラリンピック競技団体すべてに対し、感染症対策を講じながら選手が安全に練習を再開するための独自のガイドラインを作るよう要請しました。

パラスポーツでは、障害のために呼吸機能が低い選手が新型コロナウイルスに感染すると重症化するおそれがあるほか、介助者が必要なため練習に参加する人数を絞り込むことが難しいなど、競技ごとに特有の課題があります。

このため、JPCはガイドラインには障害や競技の特性を踏まえたうえで、施設を利用して練習する際の注意点や、日常生活で行う感染症対策などを具体的に盛り込むように求めています。

JPCが28日、競技団体向けにオンラインの説明会を開く予定で、ガイドラインの内容については日本障がい者スポーツ協会の医学委員会が監修するということです。

すべての競技団体が6月上旬までにガイドラインを作る予定で、JPCは「ガイドラインに沿って活動することは、競技団体が説明責任を果たす上でも重要だ。ウイルスの感染や拡大防止を第一に、安心・安全な状態でリスタートしてほしい」としています。