新型コロナの政府対応 検証委を国会に設置を 立民 福山幹事長

新型コロナの政府対応 検証委を国会に設置を 立民 福山幹事長
緊急事態宣言の解除を踏まえ、立憲民主党の福山幹事長は、有識者も交えた検証委員会を国会に設け、政府の一連の対応を検証すべきだという考えを示しました。
立憲民主党の福山幹事長は記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた事業者の現状について、「政府系金融機関で融資の相談をしたところ、審査に時間がかかり、3か月後でないと融資できないと伝えられるなど、悲痛な声が上がっている」と述べ、政府の対応は不十分なうえ、後手に回っていると批判しました。

そのうえで、東日本大震災の原発事故では政府、民間、国会の3つの調査委員会が設けられたことを念頭に、「国会で検証することで、改善策が具体的に出てくる可能性がある」と述べ、緊急事態宣言の解除を踏まえ、有識者も交えた検証委員会を国会に設け、政府の一連の対応を検証すべきだという考えを示しました。