5人死亡住宅火災 焼け跡に遺書のようなもの 奈良 五條

5人死亡住宅火災 焼け跡に遺書のようなもの 奈良 五條
20日午前、奈良県五條市の住宅の2階部分が焼け家族5人とみられる遺体が見つかった火事で、焼け跡から遺書のようなものが見つかったことが捜査関係者への取材でわかりました。警察は火事の状況をさらに詳しく調べています。
20日午前10時すぎ、奈良県五條市住川町の介護施設職員、寺西孝行さん(32)の住宅から煙が上がっているのを近くの住民が見つけ、消防に通報しました。

消防車など7台が出て火はおよそ2時間後に消し止められましたが、木造2階建ての住宅の2階部分が焼け、5人の遺体が同じ部屋から見つかりました。

警察は亡くなったのは連絡が取れなくなっている寺西さん夫婦と2歳、6歳、8歳の男の子の兄弟3人とみて確認を進めています。

この火事で焼け跡から遺書のようなものが見つかったことが捜査関係者への取材でわかりました。

これまでの調べで、寺西さんは親族に、私的な用事で20日の仕事を休むと話していて、出火当時、玄関や窓は施錠されていたということです。

5人のうち2人は2段ベッドの付近で、3人は床の上で見つかっていて、警察は火事の状況をさらに詳しく調べています。