JR東日本 新幹線は当面臨時ダイヤで運行継続 新型コロナ

JR東日本 新幹線は当面臨時ダイヤで運行継続 新型コロナ
緊急事態宣言が東京都などの一部を除き解除されることについて、JR東日本は今月28日から当面、運転本数を4割ほど減らすことにしている東北・北海道新幹線、秋田新幹線、山形新幹線、上越新幹線、北陸新幹線の運転計画に変更はなく、臨時ダイヤで運行することにしています。
また、特急列車についても中央線と常磐線で今月28日から当面、2割ほど減らすほか、すでに運行本数を大幅に減らしている「成田エクスプレス」、「サフィール踊り子」、「踊り子」についても当面、臨時ダイヤを継続するということです。

一方、山手線などこのほかの在来線では緊急事態宣言が出されたあとも減便は行わず通常ダイヤでの運行が続けられています。

JR東日本は「車内換気や車内清掃など、引き続き感染防止対策を徹底し、公共交通機関として適切な輸送の提供に努めたい。ダイヤについては、利用動向など踏まえながら柔軟に検討していきたい」とコメントしています。