公的機関まねた偽サイト多数「ドメイン名確認を」国が注意喚起

公的機関まねた偽サイト多数「ドメイン名確認を」国が注意喚起
サイバー攻撃などを監視している国の「内閣サイバーセキュリティセンター」は、日本の公的機関や企業をまねた偽のウェブサイトの存在が多数確認されているとして注意喚起を行っています。
これは「内閣サイバーセキュリティセンター」が公式ツイッターで注意喚起したものです。

それによりますと、偽サイトは、海外のドメインで中には本物のサイトとURL以外に見分けが付かないものがあるということで、サイバー犯罪などに用いられるおそれがあるということです。

このため、URLリンクからホームページに行くなど、ふだんと異なる方法の際はURLのドメイン名を必ず確認することや、ドメイン名に見慣れない国を示す末尾の文字があるなど不審と思われる場合には、インターネットで本物のサイトのURLを検索するなどして確認したうえで、不審な場合には、安易にアクセスしたり、クリックしたり、絶対にしないよう注意喚起しています。