新型コロナ ゴミ袋に収集作業員への感謝のメッセージ 名古屋

新型コロナ ゴミ袋に収集作業員への感謝のメッセージ 名古屋
新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、名古屋市内では、家庭から出されるごみの袋に、収集にあたる作業員への感謝のメッセージが添えられるケースが相次ぎ、作業員たちが励まされているということです。
名古屋市によりますと、先月10日に愛知県が独自に「緊急事態宣言」を出した頃から、市内の家庭から出されたごみの袋の外側に収集にあたる作業員へのメッセージがテープなどで貼られているケースが報告されているということです。

こうしたメッセージは、市内で少なくとも200枚以上にのぼっていて、「コロナ感染が心配な中でありがとうございます。皆様も気をつけてください」といった感謝を示すもののほか、「私たちも学校に行けなくなってしまいましたが、コロナに負けず頑張ってください」と作業員を励ます子どもからの手紙もあったということです。

名古屋市西区にあるごみ収集の拠点施設「西環境事業所」では、1週間ほど前から、事業所の一角にごみ袋に添えられていた20枚ほどのメッセージを掲示し業務にあたっています。

名古屋市環境局西環境事業所の加藤英秋係長は、「こういう手紙が集まることは初めてのことで、現場の作業員もメッセージに励まされています。新型コロナウイルスに感染した人やそのおそれがある方はごみ袋を二重にして出すなど引き続き協力をお願いしたい」と話していました。