将棋 藤井七段 タイトル挑戦の最年少記録困難に 新型コロナで

将棋 藤井七段 タイトル挑戦の最年少記録困難に 新型コロナで
将棋の藤井聡太七段は、緊急事態宣言の延長によって今月末まで対局が行えない状況が続くことになり、6月実現する可能性がある「タイトル挑戦」の最年少記録の更新は日程的に極めて難しくなりました。
藤井聡太七段(17)は現在、八大タイトルの1つ、棋聖戦の挑戦者を決めるトーナメントで準決勝に進み、自身初となるタイトル挑戦まであと2勝に迫っています。

棋聖戦の五番勝負は例年6月初旬に始まっていて、藤井七段が挑戦者になったうえで来月11日までに第1局が行われれば、平成元年に屋敷伸之九段(48)が打ち立てた「17歳10か月24日」のタイトル挑戦の最年少記録が31年ぶりに更新されることになります。

ところが、緊急事態宣言が今月31日まで延長されたことを受けて、日本将棋連盟は8日、長距離の移動を伴う対局を引き続き延期する方針を決め、愛知県に住む藤井七段は少なくとも今月末までは対局が行えない状況が続くことになりました。

来月1日に対局が再開されても、11日までにトーナメントを終えたうえで五番勝負の第1局を行うことは現実的な日程ではなく、藤井七段がタイトル挑戦の最年少記録を更新することは極めて難しくなりました。

一方「タイトル獲得」の最年少記録は、同じく屋敷九段の「18歳6か月」で、藤井七段がこの記録を更新する可能性は残されています。