宮城 石巻漁港でカツオの水揚げ 今シーズン初

宮城 石巻漁港でカツオの水揚げ 今シーズン初
宮城県の石巻漁港では8日、巻き網漁船が入港し、今シーズン初めてカツオが水揚げされました。
石巻漁港には8日朝、青森県の巻き網漁船が入港し、八丈島沖でとれたカツオ5トンが水揚げされました。

地元の魚市場によりますと、石巻漁港でのカツオの水揚げは今シーズン初めてで、例年並みの時期になったということです。

水揚げされたカツオは次々とベルトコンベヤーに乗せられ、大きさごとに仕分けられました。

魚市場では仲買人が集まって早速入札が行われ、平均で1キロ当たり500円ほどと、初物とあって相場より100円以上高い価格で取り引きされていました。

魚市場によりますと、魚の取り引き価格は、新型コロナウイルスの影響で飲食店などの需要が落ち込み、ヒラメやカレイが例年の半値以下となるなど、下落傾向にあるということです。

石巻魚市場の佐々木茂樹社長は「ホテルやレストランなどは今、苦しい状況ですが、少しずつ客足が戻ってくれば需要も増えてくると思うので、今後のカツオの水揚げに期待したいです」と話していました。