急性白血病の韓国人女児 日本の臨時便で無事帰国

急性白血病の韓国人女児 日本の臨時便で無事帰国
k10012419811_202005070533_202005070534.mp4
滞在先のインドで急性白血病を患った韓国人の5歳の女の子が、新型コロナウイルスの影響で帰国できなくなっていましたが、支援の要請に応じた日本政府の手配で、5日、飛行機で無事に韓国に到着し、地元メディアは、「こどもの日の奇跡」などと大きく伝えています。
韓国メディアによりますと、この女の子は、家族とともにインドに滞在していた際に体調を崩し急性白血病と診断されたということです。

女の子と家族は、治療のために韓国に戻ろうとしていましたが、インドでは、新型コロナウイルスの影響で国際線の運航が停止して帰国できなくなってしまい、現地の韓国大使館が各国に対して協力を求めていました。

インドの日本大使館によりますと、日本政府がこの要請に応じることを決め、今月4日に日本の航空会社が帰国する日本人のために運航した臨時便に女の子と家族の座席を確保したということです。

女の子は日本を経由して、5日、無事に韓国のインチョン(仁川)空港に到着しました。

5日は、韓国でも「こどもの日」の祝日で、地元メディアは「こどもの日の奇跡」などと、大きく伝えています。

関係がギクシャクする日本と韓国ですが、新型コロナウイルスの影響が続く中、韓国が用意したチャーター機に日本人が乗って、帰国したこともあるということです。

官房長官「日韓協力のよい例に」

菅官房長官は、午前の記者会見で「人道的観点から、日本航空の協力で実現したもので、日韓の関係者の努力に感謝申し上げたい」と述べ、対応に当たった関係者に謝意を示しました。

そして、インドからの帰国をめぐっては、これまでに日本側が手配した臨時便に韓国人が同乗した事例や、韓国側が手配した特別便に日本人が同乗した事例が多くあるとしたうえで、「新型コロナウイルス感染症対策に各国で協力して取り組むべき状況の中で、韓国側からも深い感謝の意が表明されており、日韓協力のよい例になっている」と述べました。