ドバイの巨大モール 制限付きで再開 新型コロナ

ドバイの巨大モール 制限付きで再開 新型コロナ
UAE=アラブ首長国連邦のドバイでは、多くの人たちが買い物をするイスラム教の断食月「ラマダン」に合わせて外出制限が緩和され、ショッピングモールでは各店舗が感染予防の対策を行ったうえで営業を始めるなど、経済活動が徐々に再開しています。
中東の経済の拠点、ドバイでは新型コロナウイルスの感染拡大は収まっていませんが、政府は、多くの人たちが買い物をするラマダンに合わせて、外出制限を緩和しました。
最大級の商業施設「モール・オブ・ジ・エミレーツ」にテナントとして入っている専門店やレストランでは、政府の規則に従って高齢者や子どもの入店を禁止したり、入店可能な人数を表示したりするなど、感染予防の対策をとって営業を始めています。
例年は、ラマダンの後半に大規模なセールが行われますが、ことしは、買い物客の混雑を避けるため実施しない方針だということです。
商業施設の運営責任者のフアド・シャラフさんは「映画館など娯楽施設は、引き続き閉鎖されているが、段階的に再開が許されることを期待したい。オンラインビジネスへの対応を加速するなど、新しい行動様式に合わせてモールも対応していきたい」と話していました。