台湾プロ野球 今月8日から球場に観客を入れて試合開催へ

先月、世界に先駆けてシーズンが開幕した台湾のプロ野球は、今月8日の試合から球場に観客を入れて行われることになりました。
新型コロナウイルスの感染拡大で世界中のスポーツイベントが延期や中止を余儀なくされる中、台湾では感染を抑え込むことができているとして、先月12日、世界に先駆けてプロ野球が開幕しました。

感染防止のため試合は現在、無観客で行われていますが、台湾のプロ野球連盟は5日、各球団とテレビ電話で協議したあと記者会見し、今月8日から球場に観客を入れることを明らかにしました。

それによりますと、観客は当局の指示で1試合当たり200人とし、入場の際に検温と本人確認を行います。

また、座席は指定席で、観客どうしの距離を保つため座席の間隔を空け、球場内では応援している時も含めマスクを常に着用してもらうということです。

連盟は観客数を増やしても距離は十分に保てるとして、入場できる観客を1000人まで増やすことを当局に求めているということです。