茨城 感染の60代男性が死亡 新型コロナウイルス

茨城 感染の60代男性が死亡 新型コロナウイルス
茨城県は、新型コロナウイルスに感染していた60代の男性が4日に死亡したと発表しました。

また、県内では新たに2人の感染が確認され、県内で判明した感染者は167人となりました。
茨城県によりますと、死亡したのは、新型コロナウイルスに感染し、入院していた60代の男性です。県内で死亡が確認されたのは9人となりました。

また、新たに感染が確認されたのは、水戸市に住む40代の看護師と神栖市の医療機関に勤務する30代の女性です。2人は、いずれも症状は軽いということです。このうち、40代の看護師は、笠間市にある勤務先の病院で、新型コロナウイルスに感染した患者の看護にあたっていたということです。県では同じ病院に勤める医療スタッフを含めた6人を濃厚接触者としてPCR検査を行うことにしています。

これで県内で感染が確認された人は167人となりました。

一方、4日までに新たに3人が症状が改善し、陰性化が確認できたとして、退院した人などは合わせて66人となりました。