岐阜 白川村の合掌造りの集落 近くの村道に閉鎖を知らせる看板

岐阜 白川村の合掌造りの集落 近くの村道に閉鎖を知らせる看板
大型連休中に観光客が訪れ、新型コロナウイルスへの感染が広がるのを防ごうと、1日、世界遺産に登録されている岐阜県白川村の合掌造りの集落近くの村道に、集落の閉鎖を知らせる看板が設置されました。
白川村の合掌造り集落は、年間200万人以上が訪れる人気の観光地ですが、連休中に観光客が訪れると感染の拡大につながりかねないとして、村は2日から6日までの5日間、世界遺産の地区を原則、閉鎖することにしています。

1日は村の職員2人が出て、国道から合掌造り集落に向かう村道の入り口や最寄りの高速道路の出口に「感染拡大防止のため白川郷を閉鎖しています」と記した看板を設置しました。

村は連休中、村道の入り口など5か所に警備員を配置して、観光客に村に入らないよう呼びかけることにしています。

白川村観光振興課の橋脇渓主事は「観光シーズンにもかかわらず、大変残念です。感染が一刻も早く終息し、元のようになることを願っています」と話していました。

飛騨地方では高山市と下呂市で、ホテルや旅館で作る組合が大型連休中に一斉休業することを決めています。

例年、この時期に多くの観光客でにぎわう、高山市中心部の通りは1日も閑散とし、ホテルの正面には臨時休業を知らせる紙が貼り出されていました。

市内の80代の男性は「寂しいので、早く元に戻ってほしいです」と話していました。