新型コロナ 医療従事者の偏見・差別で啓発活動を強化へ 厚労相

新型コロナ 医療従事者の偏見・差別で啓発活動を強化へ 厚労相
k10012413641_202005011215_202005011217.mp4
新型コロナウイルスの感染が拡大する中、医療従事者への偏見や差別が問題となっていることについて、加藤厚生労働大臣は記者会見で、「決して許されず、看過できない」として、啓発活動を強化する方針を示しました。
この中で、加藤厚生労働大臣は「医師、看護師、臨床検査技師、薬剤師をはじめ、多くの医療従事者は、国民の命と健康を守るため、感染のリスクのある中、立ち向かっており、心から感謝したい」と述べました。

また、こうした医療従事者への偏見や差別が問題となっていることについて、「決して許されず、看過できない」と述べ、啓発活動を強化する方針を示しました。

そのうえで、「官民それぞれができる形で取り組みを進めることが、医療従事者への強い支援になるので、国民の協力と理解をお願いしたい」と呼びかけました。