国内宿泊の外国人旅行者 前年同月比85.9%減 過去最大の減少幅

国内宿泊の外国人旅行者 前年同月比85.9%減 過去最大の減少幅
先月、国内のホテルや旅館などに宿泊した外国人旅行者は、延べ118万人と、去年の同じ月と比べて85%の大幅な減少となりました。過去最大の減少幅で、新型コロナウイルスの感染拡大で国内の旅行や宿泊業への影響が一段と深刻になっています。
観光庁の発表によりますと、先月、ホテルや旅館などに宿泊した外国人旅行者は、速報値で延べ118万人と、去年の同じ月と比べて85.9%減少しました。

これは東日本大震災直後、2011年4月の81.3%を超える過去最大の落ち込み幅となりました。

また、日本人を含めた国内全体の宿泊者数は延べ2361万人で、49.6%減少しました。

この結果、全国のホテルや旅館などの客室稼働率は30%程度に落ち込んでいます。

緊急事態宣言が全国に広がり、大型連休も宿泊者数の大幅な落ち込みが続く見通しで、国内の旅行や宿泊業への影響が一段と深刻になっています。