東京 29日の新たな感染確認者は47人 新型コロナウイルス

東京 29日の新たな感染確認者は47人 新型コロナウイルス
東京都は29日、都内で新たに47人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。都内の1日当たりの感染者数はここ数日、増減を繰り返していて、都は「一過性なのか行動自粛の影響なのかは短期間で判断することはできず、予断は許さない状況だ」としています。
東京都は29日、都内で新たに2歳から80代までの男女合わせて47人が新型コロナウイルスへの感染が確認されたと発表しました。

このうちおよそ57%にあたる27人が、今のところ感染経路が分かっていないということです。

都内では27日までの2日連続で、1日の感染者数が100人を下回りましたが、28日は再び100人を上回りました。

ここ数日感染者の数が増減を繰り返していることについて、都は「一過性なのか行動自粛の影響なのかは短期間で判断することはできず、予断は許さない状況だ。大型連休中も含めて今後の傾向を見る必要がある」としています。

これで都内で感染が確認された人は、合わせて4106人となり、このうち1271人はすでに退院したということです。

一方、都は新たに感染者9人が死亡したことを明らかにしました。9人は50代の男性が1人、60代の男性が1人、80代の男性と女性が3人、90代の女性が1人、そのほかの3人については遺族の同意が得られていないなどとして公表していません。これで都内で死亡した感染者は、合わせて117人となりました。

都は大型連休が終わる来月6日までを「ステイホーム週間」として、徹底して外出を自粛し、自宅にとどまるよう引き続き呼びかけています。