ブリティッシュ・エアウェイズ 従業員最大1万人超削減の方針

ブリティッシュ・エアウェイズ 従業員最大1万人超削減の方針
イギリスの大手航空会社ブリティッシュ・エアウェイズは、新型コロナウイルスの影響で減少した乗客の数が元に戻るまでに数年がかかるとして、最大1万2000人の従業員を削減する方針を明らかにしました。
イギリスのブリティッシュ・エアウェイズなどを傘下に置くグループは28日、ことし1月から3月までの業績について、新型コロナウイルスの影響で乗客の数が大幅に落ち込んだことから、営業赤字が5億3500万ユーロ(日本円で620億円)に達すると発表しました。

経営状況は今月以降一段と厳しくなっていて、グループの航空会社の運航は去年の同じ時期のおよそ20分の1の水準に減っているとしています。

そのうえで「ウイルスの影響によって減少した乗客数が元の水準に戻るまでには数年かかる」として、ブリティッシュ・エアウェイズの労働組合と従業員の削減について協議していることを明らかにしました。

その規模は最大で1万2000人にのぼる可能性があるとしています。

ブリティッシュ・エアウェイズはイギリス政府が賃金を肩代わりする支援策を活用することで休ませている従業員の雇用を維持してきましたが、経営への打撃が今後数年に及ぶという厳しい見通しの中、雇用に深刻な影響が及びかねない事態となっています。