セブン-イレブン 加盟店支援に一律10万円支給へ コロナ対策で

セブン-イレブン 加盟店支援に一律10万円支給へ コロナ対策で
コンビニ大手のセブン‐イレブン・ジャパンは、加盟店を支援するため「特別感謝金」として1店舗当たり一律10万円を支給することを決めました。
新型コロナウイルスの感染拡大で、デパートなどが営業の自粛を続ける一方、コンビニやスーパーは生活必需品を扱っていることから原則として営業を続けています。

こうした中、コンビニ大手のセブン‐イレブン・ジャパンは加盟店を支援するため「特別感謝金」として、国内に2万店余りある加盟店1店舗当たり一律10万円を支給することを決めました。

また「従業員特別感謝手当」として加盟店と直営店それぞれに、1店舗当たり一律6万円分のプリペイドカードを支給するとしています。

支給する金額は、総額でおよそ33億円になります。

また、会社ではマスクなどに加えて、飛まつから顔全体を守るフェイスシールドと使い捨ての手袋も無償で配布するということです。

大手コンビニでは、ローソンが従業員に感染者が出て休業していた店舗に対して見舞い金を支給しています。