中国 WHOに32億円寄付へ 米の資金拠出停止に対し

中国 WHOに32億円寄付へ 米の資金拠出停止に対し
k10012402791_202004240616_202004240617.mp4
中国政府はWHO=世界保健機関に対し、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための費用として、新たに3000万ドル、日本円でおよそ32億円を寄付すると発表しました。アメリカのトランプ大統領が、WHOの対応は中国寄りだと批判し、一時的に資金の拠出を停止する考えを示したのに対し、中国はWHOを支持する姿勢を強調しています。
中国外務省の耿爽報道官は23日の記者会見で、WHОに対し新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための費用として、新たに3000万ドル、日本円でおよそ32億円を寄付すると発表しました。

そのうえで「寄付は中国政府のWHOに対する支持や信任を示し、世界の感染症の拡大防止のため貢献していくことを表している」と述べました。

中国政府はすでにWHOに対し、新型コロナウイルスへの対策のためとして2000万ドルの寄付を表明していて、これによって合わせて5000万ドル、日本円で53億円余りを寄付することになります。

WHOをめぐっては、アメリカのトランプ大統領が新型コロナウイルスをめぐる対応が中国寄りだと批判し、一時的に資金の拠出を停止する考えを示していますが、これに対し、中国はWHОを支持する姿勢を強調しています。