奈良市役所 大部分の窓口業務休止 新型コロナ感染拡大防止で

奈良市役所 大部分の窓口業務休止 新型コロナ感染拡大防止で
k10012400241_202004221229_202004221229.mp4
新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、奈良市は22日から、死亡届の受け付けなど緊急性のあるものを除き、市役所の窓口業務を休止しています。
奈良市役所の窓口業務の休止は、21日、開かれた市の対策会議で決まりました。

死亡届や婚姻届の受け付け、それに新型コロナウイルスに関連した保証の申請手続きなど緊急性のあるものを除き、大部分の窓口業務を22日から休止しています。

奈良市役所では、22日朝から窓口休止を知らせる貼り紙を出したり、訪れた市民に郵送など代わりの手続き方法を案内したりしていました。

奈良市では、今回の措置を来月6日まで続け、その間、出勤する職員の数を半減させたいとしています。

健康保険の手続きに訪れた60代の女性は「朝一番に電車で来たので、閉まっていることがもうちょっと早く分かればよかったです」と話していました。

奈良市健康医療部の小澤美砂参事は「突然の決定でご不便をおかけしますが、ご協力をお願いします」と話していました。