都立墨東病院 職員4人感染確認 入院患者1人死亡 新型コロナ

都立墨東病院 職員4人感染確認 入院患者1人死亡 新型コロナ
東京都は、感染症の指定医療機関の「都立墨東病院」で新たに職員4人が16日、新型コロナウイルスに感染したことが確認されたと発表しました。また、これまでに感染が確認されていた入院患者1人が死亡したことを明らかにしました。
新たに感染が確認されたのは、30代から60代までの看護師など、女性職員4人です。

「都立墨東病院」では、15日までに、同じ病棟で職員と患者の合わせて7人の感染が確認されていて、16日感染が確認された職員4人のうち、2人も同じ病棟で勤務していたということです。

またほかの2人は、別の病棟で勤務していたということです。

病院は、感染が確認された職員が勤務していた病棟で、新規の入院の受け入れを取りやめていますが、外来や他の病棟での入院や診察は通常どおり行っているということです。

病院の関係者の感染が相次いで確認されていることについて、病院は「今のところ感染経路はわからず、院内での感染かどうかはわからない」としています。一方、都は14日、感染が確認されていた入院患者1人が、16日、死亡したことを明らかにしました。

「都立墨東病院」で新型コロナウイルスに感染した人が死亡したのは初めてです。