緊急事態宣言で大阪 兵庫の外食チェーンは営業短縮や休業

緊急事態宣言で大阪 兵庫の外食チェーンは営業短縮や休業
「緊急事態宣言」を受けて外食チェーン各社は、大阪や兵庫などの店舗で営業を休止したり、営業時間を短くしたりするなどの対応を取っています。
▽「ガスト」や「ジョナサン」など、すかいらーくホールディングスが運営する飲食店は、大阪と兵庫にある店舗で深夜営業を短縮し、原則午後10時で閉店します。

▽「ロイヤルホスト」は大阪と兵庫、それに京都の店舗で、営業時間を午後8時までに短縮し、酒類の提供を午後7時までにしています。

▽大戸屋は大阪府にある「ユニバーサルシティ店」「りんくうシークル店」「泉北パンジョ店」、兵庫県にある「イオン明石店」「テラッソ姫路店」、それに京都府にある「京都三条鴨川店」の合わせて6店舗を来月6日まで休業することを決めました。
営業を続ける店舗も閉店時間を早める対応を取っています。

▽マクドナルドは、大阪と兵庫の店舗では、順次、夜間の営業時間の短縮や、臨時休業、それにテイクアウトのみの営業を始めています。

▽ケンタッキーフライドチキンは、来月6日まで大阪と兵庫にある店舗の営業時間を原則、午後8時までに短縮し、一部の店舗では休業するところもあるということです。

大手コーヒーチェーンでは、ドトールコーヒーが来月6日まで、大阪と兵庫にある「ドトール」や「エクセルシオール」など直営の38店舗を原則、休業することを決めました。
スターバックスは、大阪と兵庫の店舗を原則として当面、休業することを決めました。

牛丼チェーンの大手3社では、吉野家が大阪と兵庫を含めた一部の店舗で休業や営業時間の短縮を決めています。
松屋とすき家は、営業時間の短縮を検討していますが、原則として営業を続けます。

スーパーは原則営業継続

大阪と兵庫にある主なスーパーは、緊急事態宣言が出た後も原則として営業を続けています。

このうち、イオン、オークワ、スーパー玉出は宣言が出たあとも、通常どおり営業しています。

ライフ、阪急オアシス、万代、コノミヤ、スーパーマーケットKINSHOは、一部店舗で営業時間を短縮して営業しています。

また、大阪市北区の天満市場と、豊中市の豊南市場は通常どおり営業しています。